作業環境測定法について

労働安全衛生法の中に作業環境測定と呼ばれるものがあります。これは、現場で働く労働者が安全な環境で作業をしているかどうかを確認するための測定です。近年、環境基準が厳しくなるにつれてこの作業環境測定に関する規制も厳しくなっています。

作業環境測定:粉じん測定 整理整頓された作業場

作業環境測定の項目について

作業環境測定には、有機溶剤・特別化学物質・金属・粉じん・放射性物質の大きく分けて5つの項目に分かれています。この中で近年特に規制が厳しくなってきているものが、有機溶剤と特別化学物質です。有機溶剤や特別化学物質は、印刷に使用するインクや塗装に使用するペンキ、洗浄に使用するシンナーなどの洗浄剤に多く含まれており、代表的な有毒物質として、ジクロロメタンやトルエン、アセトンなどが挙げられます。
これらの物質を使用する場合は、労働環境を把握するための作業環境測定が、労働安全衛生法で義務づけられています。


作業環境測定法の改正

2014年11月1日にこの作業環境測定の規制が一部改正されました。今まで有機溶剤で規制されていた物質が、より厳しい管理を要する特別化学物質に引き上げになりました。この引き上げについては、以前大阪の塗装会社でジクロロメタンや1-2ジクロロプロパンを使用した印刷作業を行っていた労働者が、退職後に胆管がんを発症し、死亡するといった大きな労災が起こったためです。
作業環境測定は、国に登録された作業環境測定登録機関で実施し、証明書を発行してもらわないとその効力はありません。また、測定には作業環境測定士がサンプリングと測定を行う必要があります。


工場排水も環境測定を!

工場排水は、下水へ流れるものと河川へ流れるものと大きく分けて2種類に分けられており、下水は下水道法、河川は水質汚濁法という法律で規制されています。汚染された排水を下水または河川へ流してしまうと上記法律で罰則を受けてしまいます。そのような事態に陥る前に、水質の状態を日頃からチェックし、管理する必要があります。水質検査には、環境計量機関での測定が必要になります。


環境計量機関とは?

環境計量機関とは、排水や悪臭の測定など環境に関連する測定や分析を行い、環境汚染の改善や予防をするための手助けをする機関になります。作業環境測定や排水分析その他の環境測定〈騒音測定や振動測定〉も環境計量機関が測定を行います。


環境測定事業について

当組合が提携する環境計量機関〈エコ・アース・エンジニアリング株式会社/岐阜市〉と協力し、労働者の安全や健康の保持、工場排水や悪臭等の環境への負荷を改善するための事業を進めていきます。本事業は、当組合の共同事業の一環として、一般の分析費用よりも安価で実施することが可能となります。今まで分析や測定を検討していたけれど費用の問題で実施ができなかったり、費用がかかっても仕方ないと高い金額で測定や分析を行っていた組合員企業には、ご相談いただければと思います。
その他、排水の問題や悪臭、作業環境測定などの疑問や相談があればご相談ください。


環境測定一覧表