登録支援機関とは

登録支援機関は、受入れ機関(特定技能所属機関)との支援委託契約により、支援計画に基づく支援の全部の実施を行う機関をいいます。登録支援機関になるためには、出入国在留管理長官の登録を受ける必要があります。登録支援機関は、四半期ごとに出入国在留管理庁長官に対し支援状況を報告します。

登録支援機関の役割

登録支援機関は、次の役割を担います。

  1. 特定技能外国人に対する支援

  2. 在留手続前に行う「事前ガイダンス」

  3. 新規入国、終了時帰国に伴う空港送迎

  4. 住宅確保、生活に必要な契約の支援

  5. 特定技能開始後の「生活オリエンテーション」

  6. 日本語を学習する機会の提供

  7. 母国語による相談・苦情体制

  8. 日本人との交流促進支援

  9. 非自発的離職時の転職支援

  10. 特定技能外国人及び監督者と定期面談

  11. 労働関連法令違反時に行政機関へ通報