標準モデルと優良モデル

 技能実習生の受け入れは、「第1号技能実習」と「第2号技能実習」を組み合わせた合計3年の標準モデルと、前述3年の期間に「第3号技能実習」を組み合わせた合計5年の優良モデルがあります。

 

 なお、優良モデルを選択するためには、技能実習計画の認定申請と同時に、実習実施者としての優良性が認められなければならず、合わせて受け入れる技能実習生は、第2号終了時に技能検定3級又は技能評価試験専門級の実技試験に合格しなければなりません。

 


技能実習生の受け入れモデル

 

※1 技能検定は、人材開発統括官が認定した職種は「技能実習評価試験」と呼称が変わります。

水環境の研究開発/市場開拓open
外国人技能実習制度open
外国人建設就労者open
特定技能外国人open
企業力向上支援/情報提供open
加入案内open
求人情報open
団体概要open