2020.08.28 技能審査2級〈紡績運転/精紡工程作業・前紡工程作業〉の実施

2020年8月27日、大垣扶桑紡績株式会社の大垣工場・扶桑工場のベトナム人技能実習生たちが「紡績運転」の技能審査2級試験に挑戦しました。2017年10月入国のリーさん、ミンさん、2018年7月入国のバーさんが「精紡工程」、2017年10月入国のチュエンさん、トゥイさんが「前紡工程」を受験しました。
 
精紡工程の課題は、①糸継ぎ②機台の始動及び停止③粗糸継ぎ④機台の見回りです。素早く糸をつなぐ際には、指先を使う細かい動作が必要となります。前紡工程では、①継ぎ・交換②パッケージ交換③供給④機台の始動・停止の課題を行います。作業を順序よく行うために、ケンス(オレンジ色の大きな入れ物)を手際よく移動させる必要があります。
 
最初に学科試験が行われました。専門的な言葉や難しい日本語が多いため、みんな不安そうな様子で開始直前まで、もらった問題プリントを何度も読み直していました。終了後、ホッとした様子でした。
 
次はいよいよ実技試験です。試験直前は、緊張している様子でしたが、いざ始まると、試験官に向け、手を挙げ大きな声で「はじめます!」と自信をもって臨んでいました。安全確認を行いながら、テキパキと作業をして、すべて制限時間内に終えることができました。真剣に試験に臨む姿はとてもかっこよかったです。指導員の方も「何度も練習をしているので実技試験は大丈夫だと思います。」と笑顔で答えていました。
 
実技試験終了後、技能実習生たちも、みんな笑顔で自信満々の表情でした。手応えのある様子だったので、おそらく合格かと思います。合否の連絡が届くのが待ち遠しいです。
 

広報部 石井 花枝