2020.04.30 入国待機中の技能実習生について

3月28日以降、日本政府は、中国、インドネシア、ベトナム等の対象国から入国する技能実習生への査証(VISA)発給を制限しています。これにより、各国の日本大使館・領事館等では査証申請の受付そのものを停止している状況です。
 
当組合において、入国予定日が3月29日~5月25日の技能実習生については、すでに査証(VISA)発給を受けていますがその有効期限は90日となっています。万一、有効期限内に査証制限措置が解除されない場合、入国することができなくなりますが、日本政府から新たな措置が発表されるものと考えております。
 
また、インドネシア政府では「推薦状」の発行を見合わせていることから、入国予定日が10月以降の技能実習生について、第1号計画認定申請の遅延が生じ始めています。
 
ご迷惑とご心配をおかけいたしますが、何卒ご理解くださいますようお願いいたします。なお、新たな情報がわかり次第、お知らせいたします。