2019.03.13 技能検定随時3級〈機械加工・数値制御盤〉の実施・合格

2016年7月に入国し、3年目を迎えるインドネシア人技能実習生2人が、このほど当組合内では初となる「機械加工・数値制御旋盤作業」の技能検定随時3級(実技)に合格いたしました。数値制御旋盤作業は、2017年12月に機械加工職種に新たに追加された作業です。課題図に従いパソコンでいくつかのプログラムを作成後、そのデータを数値制御旋盤機にセットして、作成したプログラムを組み替えながら課題図通りの完成品を切削加工します。

 

この1ヶ月間、技能実習指導員のみならず職場全体で2人の練習を手助けし、2人も前向きに勉強に取り組んできました。本人と企業が取り組んだ努力の積み重ねが実を結び、支援してきた組合としては嬉しい知らせでした。(広報部:和田壮司)