2018.12.25 年内最後の技能実習生が組合員企業に移動!

当組合は、ゴールデンウィークやお盆休み等の大型連休にも「入国後講習」を実施していますが、唯一、年末年始だけは長期休暇をいただいています。こうした状況により、毎年11月は技能実習生の入国者が多く、師走になると指定の講習期間を終え、組合員企業〈実習実施者〉へ移動する技能実習生を私たちは毎日のように見送ります。

 

本日、今年最後の入国者となったインドネシア人技能実習生4名を見送る前に、明日から始まる技能実習への気持ちを聞いてみました。

一人目が、「仕事は早く〈覚えてしっかり〉やります。」と表現し、明日からの技能実習を心待ちにしていた様子で話しました。二人目は、「〈インドネシアに帰ったら〉日本語の先生になりたい」、三人目は、「〈日本の技術を活かし〉日系企業で働きたい」と、それぞれが覚えたての日本語を大きな声で力強く語りました。
4名は、岐阜県内の組合員企業において、3年の間に「工業包装」の技能検定3級合格を目指します。それぞれの夢に向かって頑張ってくれることを願っています。

(広報部 打田宏)