2019.02.28 2018年度優秀外国人建設就労者表彰を受賞報告!

2015年5月から2018年5月まで外国人建設就労者として活躍した翁飛君が、このほど、国土交通省が実施する「優秀外国人建設就労者表彰(国土交通省土地・建設産業局⻑賞)」を受賞しました。

彼は、建設就労最後の年となった2018年3月、コンクリート圧送技能士2級〔実技・学科両方〕という難試験に合格しました。2018年10月に「第3号技能実習生」として、引き続きコンクリートポンプ株式会社(岐阜県各務原市)に再雇用され、現場の主任技術者としてコンクリート圧送作業におけるオペレーター業務を行っています。なお、1年後は、コンクリート圧送技能士1級に挑戦します。

 

本日、当組合に同社の加納副社長と共に受賞のあいさつに来られ、当組合からもささやかですが褒章を手渡しました。

翁飛君は、当組合の役職員からの激励を受けた後、入国後講習中の技能実習生たちの教壇に立ちました。インドネシア人技能実習生から「仕事を始めたら機械の使い方がわかりません。どうしたらいいですか?」と質問されると「わからないことは必ず先輩に聞いてから作業をすること、自分で考えてやってはダメです。」と仕事のアドバイスの他、6年間の日本での食生活や日本語の勉強の工夫等を日本語で説明しました。

2019年3月4日〔月〕、東京都内で開催される表彰式に出席するため、加納副社長からスーツを新調していただくとのこと。素敵な労使関係を築かれたことに、心が温まりました。(副理事長:澤村美喜)

 

 


2019.02.20 ECO-NEWS Vol.021号を発行しました

 

外国人材の受入れ拡大を図る「特定技能1号」を解説
*特定技能1号の仕組み・相関図
*特定技能1号の受入れ業種
*特定技能1号外国人の入国要件
*特定技能所属機関の責務
*登録支援機関への委託
*第1号技能実習終了後の在留資格〔比較〕
*法務省の説明会がスタート
*国交省による受け入れ計画認定〔建設業のみ〕

2019.01.21 「特定技能の在留資格に係る制度」の運用が始まります。

2018年12月8日、第197回国会〔臨時会〕において「出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律」〔改正入管法〕が成立し同月14日に公布されました。
これにより、2019年4月1日から、在留資格「特定技能1号」「特定技能2号」が創設されると共に、法務省入国管理局が格上げされた「出入国在留管理庁」が始動することとなります。

 

なお、成立と同時に「特定技能」に係る運用方針等が公表され、改正入管法に基づく政令・省令に関する法務省のパブリックコメントが開始されておりますのでお知らせいたします。

 

〔パブリックコメント:意見募集中案件詳細〕

出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律の施行に伴う関係政令の整備に関する政令案概要等に係る意見公募手続の実施について

 

http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=300130143&Mode=0

 

※「特定技能の在留資格に係る制度」の詳細が分かり次第、エコ・プロジェクト協同組合のホームページ又は広報誌「ECO-NEWS」により、ご紹介してまいります。


2018.12.25 冬季営業〈事務所・講習施設〉のお知らせ

日頃から、エコ・プロジェクト協同組合をご愛顧くださいまして誠にありがとうございます。

 

事務所及び講習施設は、2018年12月29日(土)~2019年1月7日(日)までお休みをいただきます。
メール・FAXによる問い合わせは受け付けておりますが、1月7日(月)以降に対応させていただきますのでご了承くださいますようお願い申し上げます。

 


2018.10.02 就職・転職マッチングフェアへのブース出展!

 本日、岐阜県中小企業団体中央会主催の「就職・転職マッチングフェア(合同企業説明会)」にお招きいただき、40社の県内企業の皆様と共にブースに出展させていただきました。

 

 今年は、あらゆる産業において人材不足感が広がっていることから、来場者数について心配の声がありましたが、ふたを開けてみると、開始からまもなくするとチラホラと来場者が集まりはじめ、終了の17時までには、エコ・プロジェクト協同組合のブースへ15名の求職者が訪れてくださいました。   岐阜県中小企業団体中央会さん、岐阜県中小企業総合人材確保センターさん、そして、ご来場された皆様には、感謝申し上げます。どうか、素敵なご縁がいただけますよう祈っております。(副理事長 澤村美喜)