2020.12.03 外国人関係団体等意見交換会(岐阜県)に参加

● 新型コロナウイルス感染拡大防止に関する外国人関係団体等意見交換会(岐阜県)
 
本日、岐阜県主催の「新型コロナウイルス感染拡大防止に関する外国人関係団体等意見交換会」に出席いたしました。
 
岐阜県の新型コロナウイルス感染者は、12月2日現在で1119人ですが、そのうち外国人県民は138人にのぼります。外国人県民の感染者は、感染者全体の約12%となっておりますが、岐阜県に住む外国人県民の割合が約3%であるのことを踏まえると、外国人の感染が目立つ結果となっています。
 
この数字を受け、県が外国人関係団体等との情報共有や意見交換を図ることとなりました。意見交換会は、古田知事、平木副知事をはじめ、外国人関係団体等の責任者10人がテーブルを囲みました。
県では、多言語による感染予防広報啓発チラシの配布や医療機関受診方法等の周知を積極的に行っているものの、さらなる外国人への感染防止徹底について、効果的な対策や行政支援を模索している旨の説明がありました。
 
外国人の生活様式が感染防止を妨げている可能性について聞かれると、感染が流行し始めた4月以降は、どの外国人関係団体においても外国人に対して根気よく説明してきた様子が伺えました。
 
実際、当組合においても、組合員企業ごとに選任された「生活指導員」と連携し、技能実習生には、マスクの着用、手洗いの励行、日々の検温、宿舎への部外者の出入り禁止、外出の自粛等の必要性について説明するとともに、技能実習生用の多言語新聞「ECOからしんぶん」でも図解付きで紹介してきました。
 
当組合では、感染が拡大する地域からの入国に対し気掛かりがある一方で、帰国したくてもできない技能実習生のメンタルケア等、課題が山積する実情もお伝えしました。また、外国人クラスターを発生させないために、PCR検査がすぐに受けられる体制の見直しについても、要望として強くお伝えさせていただきました。
 
外国人たちが、肩身の狭い思いで生活しなければならないことだけは避けなければならない。私たちも最大限の努力をしたいと思います。

副理事長 澤村 美喜


2020.10.21 技能実習制度 移行対象職種・作業が追加されました

このほど、当組合の取扱い職種・作業である「非加熱性水産加工食品製造業職種」に、「調理加工品製造」及び「生食用加工品製造」が追加されました。
 
「調理加工品」とは、原料魚介藻類を加工に適した形態に処理した上で、味付け又はころもかけ等の他の食品を付加する加工を行うことにより、嗜好性、利便性、貯蔵性等を高めた製品と定義されています。製品の例は、魚介フライ、味付け切り身、味付けした海藻などがあります。技能実習計画では、工程表の作成等から始まり、原料の判別、解凍後原料の処理、調味液やバッター液の調合・調整、その付加作業と整形、仕上げを行うことが求められます。
 
「生食用加工品」は、生鮮魚介藻類を生食用に、塩蔵、乾燥、発酵等を行わず、高鮮度を保ったまま原料を目的とする形態に整形し、冷蔵・冷凍した製品と定義されています。技能実習計画では、工程表の作成等から始まり、原料の判別、解凍後原料の処理、生食用加工のうち高度衛生管理や鮮度管理を行いながら非可食部の除去、整形、仕上げを行うことが求められます。
 
なお、どちらも、ふぐの有毒部位の除去等の作業は技能実習の対象から除かれています。
 
今回、追加された職種・作業は当組合の移行対象職種ページをご確認ください。
 
http://eco.coop/titp5.html


2020.10.20 待機中の技能実習生へVISA再発給手続スタート(中国)

中国国内で待機中の技能実習生への査証(VISA)再発給の手続きが開始いたしました。当組合では13名(第1号生11名、第3号生2名)に対するレジデンストラックに必要な誓約書を発行いたしました。
 
中国の送出機関の情報によると、青島にある日本国大使館への提出書類を精査しているとのことです。なお、上陸便や到着空港については未定でございます。組合員企業には最新情報が入り次第ご案内申し上げます。
 

副理事長 澤村 美喜


2020.10.08 待機中の技能実習生へVISA再発給手続スタート(インドネシア)

インドネシア国内で待機中の技能実習生への査証(VISA)再発給の手続きが開始いたしました。当組合ではすでにパスポートを所持している22名(第1号生19名、第3号生4名)の申請準備に取り掛かりました。
 
インドネシアの送出機関の情報によると、ジャカルタにある日本国大使館では、日本へ出国を予定しているすべての技能実習生のVISA申請を受理するとのことです。ただし、国内機関によるパスポートの発給業務が、新型コロナウイルス感染症の影響で若干滞っているとの情報もあります。
 
上陸便は、ジャカルタから成田国際空港、関西国際空港に限定されていますが、当組合では関西国際空港に毎週水曜日の午前8時台に到着する直行便を利用する予定です。VISAの発給状況によりますが10月末~11月初旬には入国がスタートいたします。
なお、組合員企業には別途最新情報をご案内申し上げます。
 

副理事長 澤村 美喜


2020.09.25 待機中の1号生・3号生のVISA発給(ベトナム)

新型コロナウイルス感染症の影響で母国で待機していた第1号技能実習生3名、第3号技能実習生7名の査証(VISA)が、本日発給されました。現在、ベトナムから日本に入国する便は、羽田空港と成田空港に限定されています。待機していた技能実習生たちは、10月初~下旬にかけて成田空港へ入国する予定です。
 

副理事長 澤村 美喜