2021.01.14 中国・ベトナム等11ヶ国の入国停止について

 1月13日、政府は、新型コロナウイルスの水際対策強化として、11ヶ国・地域(中国、韓国、ベトナム、シンガポール、タイ、台湾など)からビジネス関係者等の新規入国を一時停止すると発表しました。停止期間は、1月14日から緊急事態宣言が解除される2月7日までとしています。
 
○ 新型コロナウイルス感染症に関する新たな水際対策措置(7)(外務省 海外安全ホームページ)
 
 外務省では、13日午前0時以降の査証発給および新規の受付も停止いたしました。また、法務省では、すでに査証(VISA)発給済みの外国人について、1月21日午前0時(日本時間)まで入国を認めることとしています。

 
 当組合では、すでに査証発給済みで1月21日以降に入国を予定していた技能実習生について、日程・航空便の変更等の対応を行っております。

副理事長 澤村 美喜